20代前半の頃、占い師に占ってもらうことにはまっている時期がありました。

占い師に言われた忘れられない一言
占い師に言われた忘れられない一言

43歳 女性の話「20代前半の頃」

20代前半の頃、占い師に占ってもらうことにはまっている時期がありました。

最も気になっていたのは、結婚と将来のことでした。
占い師の所に足を運んで、タロット占いや手相を見てもらうのが好きでした。

中でも一番印象に残っているのは、京都の街中で手相を見ている占い師です。
行列ができる人気の占い師でした。
手相を見てもらったところ、結婚に関して「あなたに合う人はいない」と言われました。

ただし「だから、広く浅く男性と付き合って、結婚相手を探しなさい。結婚はできます」と続けられました。
その占い師のアドバイスを意識して過ごしていたら、その2年以内に結婚に至りました。

周囲より少し早いくらいの結婚だったので、占いで言われたことはあまり気にしなくなりましたが、結婚してから悩みを感じる度に「あなたに合う人はいない」と言われたことの意味が、分かるような気がしてきたのです。
最近になって、その言葉がよく思い出され、私は結婚に向いていなかったのかと考えています。